2007年03月25日

10kmで3分間縮める

お久しぶりです。芦田智祥です。

今日は、広島壮年走ろう会の例会で朝9時から10kmを走ってきました。
今日の広島はとても暖かく、半袖、半ズボンでも暑いくらいでした。
今日は走った後に100円でカキ汁のサービスがありました。
このカキ汁がものすごくおいしくて最高でした。p(^0^)q

今日は、10km走るときにちょっとしたテストをしました。
それは、前半5kmと後半5kmの走り方を意識して変えることを試しました。

前半5kmはふつうに走るのですが、後半5kmはあることに意識を集中して走るのです。だいたいいつも10kmを55分〜60分程度で走るのですが。

今日は、53分で走ることが出来ました。

この時間の短縮がものすごく簡単にできるのです。意識するだけですからトレーニングが必要というわけでもありません。

最初の5kmはふつうに走っていてもいいのですから。簡単です。

その方法とは。

皆さんはどのようなことだと思います?

少し考えてみてください。
考えることはとても大切です。
あなたが出した答えが合っていれば自信がつくでしょうし、合っていなくてもあなたの考えたことを試してみる価値は十分あります。

ということで答えです。

それは、

『腕を引くことを意識する』

これだけです。

腕を引くことで、肩が動くようになり、それにつれて脚がリズムよく前に出るようになります。
また腕を引くことで、背中がピンとのび姿勢がよくなり走りやすくもなります。

この腕振りをするときに腕を振りやすくするためにヒジを90度に曲げます。
そして手はグーにしてしまわずに親指を立ててください。
IMG_0518.JPG

IMG_0520.JPG
横から見るとこんな感じです。
指をギュッと握ると力んでしまうので、軽く握るようにします。

これであなたも、少し速くなりますよ。
posted by nicerun at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。